甲冑師 

武蔵 朔太郎 むさし さくたろう


昭和41年より家業の鎧・兜造りに従事し、小型で高品質、調和のとれた色彩等、独自の甲冑造りを目指している。

東京節句人形コンクールにおいて、昭和57年東京都知事賞、昭和62年文部大臣賞、平成8年労働大臣賞と数多くの賞を受賞する。

平成17年、埼玉県認定の埼玉県伝統工芸士の資格を取得する。

平成20年、伝統的工芸品江戸節句人形の伝統工芸士に認定される。

※販売が終了しているものもございますので、詳しくはお問い合わせください。

草木染の鎧